NPO法人 北海道がんサポーティブケア協会

About HASCAP

2020年7月に北海道の代表的がん治療病院の医師グループが中心となってこのHASCAP(NPO法人北海道がんサポーティブケア協会)を結成しました。がん治療中に生じる様々な問題に対して少しでも患者様のお役に立てるよう情報発信をしていこうと考えています。

Mission & Strategies

Mission

がんの治療中に生じる様々な問題に対しての支持療法(がんサポーティブケア)について正しい知識を伝えるための普及併発事業を行っています。

Connection

地域との連携・情報共有を密にし、支持療法に関係した様々なサービスについて到達しやすくするネットワーク作りを目指します。

Seminar / Webinar

がんサポーティブケアをテーマに、研究会・講演会・セミナーなどの活動を通じて、皆さんと支持療法の最新の知識について情報共有します。

サポーティブケアって?

がん治療中には、「吐き気」「倦怠感」「食欲不振」「手足のしびれ」「口内炎」「脱毛」など色々な有害事象(副作用)を経験することがあります。これらの有害事象を軽減するためのケアのことをサポーティブケア(支持療法)と言います。

支持療法については、科学的に有効であることが証明されたものもありますが、科学的有用性の検証が難しいものも多くあります。 また、世の中には間違った情報やニセ情報なども氾濫しておりますので正しい情報にアクセスすることもとても重要です。

Get the best supportive care with the help of our highly experienced group of cancer care professionals.

訃報

本NPO法人北海道がんサポーティブケア協会を設立された平山 泰生先生が令和4年11月23日に逝去されました。平山先生は北海道でのがんサポーティブケアの普及に大変ご尽力されておりました。

Read More »